右脳のトレーニング 潜在能力や能力開発に欠かせないのが右脳のトレーニングです。なぜ右脳をトレーニングすることが潜在能力や能力開発を活発にさせることにつうじるのでしょうね?そもそも、人間の脳の発達は20歳くらいがピークですから、20歳を過ぎた後は、脳細胞はすこしずつ衰えて、それと一緒に脳の力も弱まっていくだと言えるはずです。年をとれば、物忘れが激しくなったり、新しく物事を覚えるのが大変になると言うものはそのせいだと言えるはずです。 脳と言うのは、しかし使えば、衰える事がないとも言われています。という事は使えば使っただけにのうが活発に動きますから、老化で物忘れが激しくならずに済みます。その為にも右脳のトレーニングが必要かもしれません。右脳と言うものは直観や感性のつかさどっている部分といわれています。言葉で物事をとらえるのではなくて、イメージでとらえる部分です。 イメージトレーニングを重ねていくうちに本当に上達したとか、自分が成功している姿を思い描いていたら本当にそうなった、といった話を耳にしたことがあるかも知れませんねが、それは右脳のおかげといってもよいですね。イメージトレーニングには右脳が欠かせない存在です。 成功したい、自分が上達したところをイメージトレーニングしているだけでも、右脳が働いて、右脳により、鍛えられて成功したり能力が開花行う場合は少なくないようですね。右脳のトレーニングを毎日継続して、能力開発に繋がるだと言えますー